レントゲン検査・超音波検査

ホーム当院の医療機器の紹介レントゲン検査・超音波検査

レントゲン検査装置

レントゲン写真を撮影する装置です。当院ではCR(デジタル画像形成装置)を導入しているため撮影から現像までの時間が短く、何より解像度が良いので小さな病変もはっきり写すことができます。 
肺や心臓の状態をみる一般的な胸部写真の他に、腸閉塞などをおこしていないかをみる腹部写真、尿路結石などがないかをみる尿路写真も撮影します。またケガの際に骨折や異物の混入がないかを確認する場合にもレントゲン写真は役立ちます。 

超音波検査装置(エコー検査装置)

超音波を発信することにより通常の診察では分からない体の内部の状態が分かる検査です。超音波は人体に無害なので繰り返しできる検査であり妊娠中にも行えます。
当院では以下のような超音波検査を行なっております。 

・頚部エコー検査
首の動脈に動脈硬化がおきていないかを調べる頚動脈エコーや甲状腺に病気がないかを調べる甲状腺エコーを行います。

・心臓エコー検査
心臓のエコーでは心臓の筋肉の壁の厚さや動き、心臓の大きさや血液の流れなどを確認できます。心電図や胸部レントゲン写真だけでは分からない心臓の病気を見つけることができます。

・腹部エコー検査
胆石や脂肪肝など内臓の病気がないかどうかを調べるための検査であり、主に胆のうや肝臓、膵臓、脾臓、腎臓などをみることができます。

当院では泌尿器科疾患の診察もしているので、尿の通り道である腎臓や膀胱、前立腺を調べたり、男性の精巣などを調べたりもしております。 




ページの先頭へ