血圧脈波検査・呼吸機能検査・睡眠時無呼吸検査

ホーム当院の医療機器の紹介血圧脈波検査・呼吸機能検査・睡眠時無呼吸検査

血圧脈波検査装置

血圧脈波検査は両手と両足に血圧計を巻くだけの簡単な検査ですが、血管年齢(血管の硬さの程度)や動脈硬化がおこりやすい足の血管が詰まっていないかどうかが分かります。

呼吸機能検査装置(スパイロメーター)

呼吸には息を吸う力と吐く力が必要ですが加齢とともに肺の働きは弱まり呼吸の力も落ちてきます。呼吸機能検査装置では肺の働きを調べることによりCOPD(慢性閉塞性肺疾患)や気管支喘息などの肺の病気を早期に診断することができます。病状によりベータ刺激薬という気管支を拡げる薬を吸入する前後にこの検査を行い肺の働きを調べることもあります。

睡眠時無呼吸検査

睡眠時無呼吸症候群がないかを調べる検査であり、鼻と指に装置をつけたまま一晩眠るだけで睡眠中の無呼吸の時間や回数が分かります。この検査の結果で重症の睡眠時無呼吸症候群と診断されれば在宅CPAP(シーパップ)療法の導入、管理まで当院で行えます。





ページの先頭へ